600satoshi送信成功


Screenshot of mempool.space

ゴールデンウィークは送金手数料が下がりました。今まであれほど高騰していた送金手数料が5satoshi/vbyteを下回ることになったのです。それどころか、未承認トランザクションのメモリプールが220MBとなり、標準メモリプール容量300MBを下回る事態が訪れました。こんなことは見たことが無く驚きました。そして、当サイトでも、3.5satoshi/vbyte、総額600satoshiのOP_RETURN送信にも成功してしまったのです。1BTC600万円とすると、なんと36円です。

たった36円で世界中の人に80文字未満の文字列を公開できるなんて素晴らしいことじゃないですか?そこらへんの無料掲示板じゃないですよ、世界で1万台以上のPCに即座に記録され、アーカイブされて、(ほぼ)永久に保管される記録を残すことができるのです、たった36円で!

この手数料嵐の時は何をやっても無駄でした。ビットコインの価格が激しく動いている時、ボラティリティが高まっている時は諦めるしかないんですね。黙って2週間待てば良いのです。そして2週間の間に、次に何を送信したいのか、じっくり考えれば宜しいのですね。

OP_RETURN報告

ゴールデンウィークは送金手数料が下がったせいで一気に30件以上も送信してしまいました。書籍に、音楽CDに、場所も、送信しました。次に何を送信するかじっくり考えてみたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。