はじめにopreturnとは


2008年11月1日にsatoshi nakamoto が暗号メーリングリストにピアツーピアネットワークとプルーフオブワークにより接続されるブロックチェーンと楕円曲線暗号を用いたデジタル通貨のホワイトペーパー論文を発表しました。これはビットコインの憲法みたいなものです。

2009年1月3日18時15分5秒(イギリス時間、日本時間は2009年1月4日3時15分5秒)にビットコインの最初のブロック=ジェネシスブロックが生成されました。このブロックのハッシュ値(抜粋データ)が次のブロックに記録され、次のブロックのハッシュ値が次の次のブロックに記録されるというように、ブロックが繋がっていきます(ブロックチェーンまたはハッシュチェーン)。どこかのブロックで不正な改ざんが起きても、それ以降の全てのブロックのハッシュ値に影響するため瞬時に不正が発覚してしまう仕組みです。ビットコインのブロックサイズは最大1MBで、約10分毎に新しいブロックが追加される仕組みになっています。

ジェネシスブロック(ブロックゼロ)

Screenshot of btc.com

※ブロックゼロのコインベーストランザクション(入力アドレスに注目)

https://btc.com/4a5e1e4baab89f3a32518a88c31bc87f618f76673e2cc77ab2127b7afdeda33b

satoshi nakamoto が採掘したと言われているジェネシスブロックのコインベーストランザクション(採掘報酬送金記録)の送金元アドレスの欄には、イギリスのザタイムスという新聞の見出し”The Times 03/Jan/2009 Chancellor on brink of second bailout for bank”「財務大臣が二度目の銀行救済を迫られている」という文字列が記録されています。これは法定通貨の際限ない新規発行が市民を苦しめるインフレの原因になることに対する皮肉になっています。ビットコインはホワイトペーパーで2100万枚の発行上限が定められています。これはサッカーの試合で両チームの選手が各11名と決められているのと似たことです。

それから12年、ビットコインのブロックチェーンは途切れることなく追加されており、世界中で1万台以上のノードコンピューターが、ブロックチェーンのハッシュ値の一致による接続=改ざんがなされていないことを検証し続けています。それは世界中の計算機の実稼働(電力と計算機の実在)という「実体」に根拠づけられた歴史上類例の無い、情報の堅牢性の検証実験です。

わずか12年ですが、実験を継続することで、人々は、このブロックチェーンのデータの堅牢性は、人類が過去に獲得したあらゆるデータ保存方式を凌駕するのではないかと考えるに至りました。南米ペルーのナスカ地上絵、エジプトのクフ王の黄金のマスク、中国秦の始皇帝陵、いずれも2000年以上に亘って情報を記録し続けてきましたが、2009年1月に人類は新しい種類の情報保存手段を獲得したかも知れないのです。

OP_RETURN命令

ビットコインのブロックチェーンには、無数の送金履歴(トランザクション)が記録されていますが、送金先アドレスの領域に送金アドレス以外の文字列を記録する事例が相次ぎました。そのデータは、いずれのビットコインアドレスにも結びついておらず、永遠に使用できない送金先となってしまいます。それでも未使用であることに変わりは無く、ノードコンピューターのRAMに配置されるUTXO(未使用トランザクション出力データ)領域が無駄に肥大する事態が発生してしまいました。そこで、ビットコインコミュニティは、最初から使用できないことを明示できる送金先アドレスの指定をOP_RETURNという命令により可能としました。それは2014年3月19日、bitcoind 0.9.0 によって導入されました。

リリースノートを引用します。


OP_RETURN and data in the block chain
On OP_RETURN: There was been some confusion and misunderstanding in the community, regarding the OP_RETURN feature in 0.9 and data in the blockchain. This change is not an endorsement of storing data in the blockchain. The OP_RETURN change creates a provably-prunable output, to avoid data storage schemes – some of which were already deployed – that were storing arbitrary data such as images as forever-unspendable TX outputs, bloating bitcoin’s UTXO database.

Storing arbitrary data in the blockchain is still a bad idea; it is less costly and far more efficient to store non-currency data elsewhere.

(日本語訳)OP_RETURNとブロックチェーン内のデータ
OP_RETURNについて:バージョン0.9.0のOP_RETURN機能とブロックチェーンへのデータ格納に関して、コミュニティ内で混乱と誤解がありました。この変更は、ブロックチェーンにデータを保存することを推奨するものではありません。OP_RETURNの変更は、画像などの任意のデータを永久に使用できないTX出力として格納し、ビットコインのUTXOデータベースを肥大化させているデータ格納スキームを抑制するために、証明可能な出力を生成します。

ブロックチェーンに任意のデータを保存することは、依然として悪い考えです。非通貨データを他の場所に保存する方がコストが低く、はるかに効率的です。


ビットコインコミュニティはブロックチェーンに任意のデータを格納することを推奨しているわけではありませんが、UTXOデータの肥大も見過ごすことはできなかったので、UTXOデータを肥大化させない記録方法を代替策として提示したということになります。

OP_RETURNのルール

OP_RETURNには次のルールが付加されました。

・公開鍵スクリプトは最大83バイト(格納データは80バイト)

・OP_RETURNはトランザクションあたりひとつ

それでも、初めてこの仕組みを知った時の興奮は忘れることができません。

ビットコインのブロックチェーンに好きな文字列を永遠に「書き込む」ことができ、それが無料で永久にネット配信され続ける!

勿論、トランザクションを送信するのに手数料は必要ですし、普通の取引所ではOP_RETURNを扱ってないので、自分で生トランザクションを生成し、自分で署名し、自分で送信しなければなりません。それでも、その魅力には抗えません。コストを払っても、勉強に時間を掛けても、OP_RETURNしたいのです。そこで、ビットコインのブロックチェーンを勉強し、OP_RETURNの情報交換するサイトを開設することに致しました。みなさんの有意義な情報交換の場になればと思います。暗号資産投資も流行していますが、投資だけでは勿体ないです。ビットコインとブロックチェーンの仕組みを学びOP_RETURNの活用方法を考えたり実践したりすることは素晴らしい体験です。

思い返せば、ジェネシスブロックの最初のトランザクションにおいて、最初の採掘者 satoshi nakamoto 自身が入力アドレス欄に新聞記事の見出し文字列を埋め込んでいました。彼もまたブロックチェーンに永遠の言葉を残す魅力に取りつかれた一人だったのです。

OP_RETURNの用途例

  • 読むべき書籍紹介
  • 重要な文章紹介
  • 事実の記録
  • 歴史上の場所日時の再確認
  • 訪問すべき場所の紹介
  • 飲むべきワインの畑の紹介
  • 聴くべき音楽作品CDの紹介
  • 見るべき絵画彫刻作品の紹介
  • 見るべき映画舞台芸術の紹介
  • 感動したスポーツ試合の紹介
  • 感動した将棋チェス囲碁の指し手
  • 文学作品の発表(80byte区切り)
  • プロポーズ(返事)
  • 墓碑銘(お墓の代わり)
  • 遺言
  • メール、伝言
  • 広告プロモーション
  • 政治活動

OP_RETURNの安全ルール

管理人が考えたOP_RETURNの安全ルールを記します。

・OP_RETURNで記録した文字列は絶対に消すことができない。刺青だって手術で消せるのに、これは本当に絶対に消せません。絶対にやり直しの効かない行為であることを理解して下さい。

・名誉棄損や侮辱や脅迫などの犯罪違法行為は絶対に避けなければならない。故人以外の固有名詞は絶対に記録しないで下さい。

・トランザクションを送信したら、入力アドレスの残高は全て消費されることを理解して下さい。必ず、お釣り出力アドレスをトランザクションに含めてください。(この文章の意味が分かるまでOP_RETURNを送信せず、勉強し続けてください。)

・子供にはこれらの事を真に理解するのは難しいので、未成年者はOP_RETURNを送信しないで下さい。大人になってから、あるいは親御さんに頼んで送信して貰いましょう。

2021-02-28 11:48 管理人が最初に送信したトランザクションを御紹介します。

opreturn.jp Start here. To keep important records forever.

Screenshot of live.blockcypher.com

なお、運営費捻出のため当サイトにはアフィリエイトリンクや広告出稿される場合がありますので御了解下さい。当サイトの記事の著作権は全て当サイトに帰属しますが、当サイトの全ての記事はリンクフリーですし、リンクに伴って内容を御紹介頂くことも構いません。ご不明な点などがある場合は問合せページから送信お願いします。

2021年2月 opreturn.jp 管理人