5千円のグラボで掘れ!


opreturnを送信するためのビットコインはマイニングで取得することをお勧めいたします。そして、200satoshi程度のビットコインを掘るためであれば、nicehash でCPUとか安いグラボで掘ることをお勧めいたします。

GT730-2GBなんて5千円位で売っている型落ちのお手頃グラボですが、neoscrypt で43Khash/s程度掘れて、設定を工夫すれば毎日40satoshi程度を掘ることができ、1週間で1回の送信に使えることになります。ASUSTek NVIDIA GeForce GT 730 / 2GB GDDR5 というグラボでgpu-tweakという付属ソフトで最高にオーバークロックしています。

特に冬はマイニング暖房になるので採掘効率(赤字マイニングかどうか)は関係ありません。部屋が暖かくなってビットコインも掘れるのですから一石二鳥でございます。

Screenshot of github.com

今回はcudaminer-neoscryptというソフトを使いました。マイニングソフトはすべてウイルス対策ソフトで削除されてしまいますので、例外フォルダ設定などをやってからでないとダウンロードも実行もできませんのでご注意下さい。また、マイニングソフトを探したりダウンロードするときも、githubですべて行うことをお勧めいたします。オープンソースであればマルウェアを組み込むこともできませんから安心です。コンパイル済みの実行ファイルをダウンロードする場合もmicrosoft子会社のgithubであれば安心です。

※参考商品

アマゾンでGT730/2GB商品リスト


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。