ウクライナ侵攻にopreturnが出来ること2


Screenshot of mempool.space

Takashi Yanase:Tenohira wo Taiyou ni / Look at the sun through your palms

やなせたかし:手のひらを太陽に

権利の関係で歌詞の掲載は控えますが、この素晴らしい詩を世界中の人に知ってもらい、そして、平和への歩みを1ミリでも進めてもらいたいです。歌詞の中にでてくる「あめんぼ」は最初「なめくじ」だったそうです。管理人は、この歌詞は「一切衆生悉有仏性」という仏教の教えを童謡に詠ったものだと思っています。これを世界中の人が理解すれば、ウクライナの虐殺は止まるはずです。

Screenshot of mempool.space

John Acton:Power tends to corrupt, and absolute power corrupts absolutely.

これは有名なジョン・アクトンの言葉です。権力は腐敗する、絶対的な権力は絶対的に腐敗する、というものです。権力者も国民も、すべてこのことを肝に銘じて政治権力を動かしていく必要があります。投票行動でも、統治行動でも、すべてこのことを意識して行為しなければなりません。それを忘れた時、腐敗した権力が引き起こす大惨事が起きてしまうのです。

Screenshot of mempool.space

Poverty creates soldiers and genocide.

これは管理人が考えた教訓です。「貧困は兵士を作り、大虐殺を引き起こす!」これを世界中の人が正しく認識すれば大虐殺を回避することができます。歴史上のすべての大虐殺は、不景気による政情不安を乗り切るために間違ったスローガンのもとで引き起こされてしまいました。ヒトラーのホロコーストも、スターリンの大粛清も、毛沢東の文化大革命も、クメールルージュ大虐殺も、ルワンダ虐殺も、すべてインフレや貧困が発端となって社会不安が増大し、虐殺に至ってしまったのです。従って、歴史の教訓は、インフレや貧困は重大な結果を招くと知るべきことになります。単なる経済問題と甘く見てはいけないのです。

Screenshot of mempool.space

Only information and discussion can stop genocide,so let them expand infinitely.

情報と議論だけが虐殺を止めることができる、だからこれを無限に拡大させよ!ということです。これも管理人が考えた言葉です。情報を無制限に流通させ、議論も無制限に拡大させることが、虐殺を止める最善策です。

Screenshot of mempool.space

Policies of mass stupidity and intellectual suppression lead to genocide.

これも管理人の考えた教訓です。大衆愚民化政策と知識人弾圧は大量虐殺に繋がる政策である、ということです。愚民化政策と知識人弾圧は、政権が批判されることを防止するための延命政策であると知るべきなのです。愚民化政策には、様々な種類があります。スポーツや娯楽を促進したり、高等教育を制限したりすることです。「虐殺そのものではない」と甘く見るべきではありません。

Screenshot of mempool.space

A democratic leader is one who is prepared to step down at the next election.

これも管理人が考えた教訓です。「民主的指導者とは次の選挙で退任することを覚悟している者のことである」つまり、権力にしがみ付かないということですね。ヒトラーは1933年1月30日に首相に就任して1945年4月30日に死ぬまで権力を握りましたが、それでもわずか12年です。アメリカ大統領の2期8年というのが限界じゃないでしょうか。それより長い政権は要注意です。


大量虐殺は恐ろしい事件であり、すぐに停止することは難しい大惨事ですが、かならず、それに先立って、重大な兆候が見られることが分かります。その兆候を探知して、その対策を最大限頑張ることが必要なのです。それを怠った時に、恐ろしい虐殺事件が始まると知るべきでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。